自然素材のフローリングワックス

公開日 2015-04-05

フローリングを長く綺麗に保つ

リビングルームをフローリングにされている家庭は多いのではないでしょうか。
フローリングは清掃がし易いという利点があります。しかし、綺麗に保つためには、清掃だけではなく、定期的にワックスを塗る必要があります。ワックスを塗ると艶によって見た目が良くなるだけではなく、汚れの付着を予防する効果があります。
フローリングをいつまでも綺麗に保つための、人に優しく誰にでもできる簡単な方法について、目黒区青葉台在住の一級建築士 新島孝之氏にお話を聞きました。

新島02

自然素材のワックスを選ぶ

市販されているワックスの多くは石油系化学物質を原料としています。
近年は環境に配慮した自然素材の商品が数多く市販されるようになりました。
代表的な自然素材のワックスとしては、蜜蝋(みつろう)・エゴマ・亜麻仁油(あまにゆ)などがあります。人畜無害なので、誤って舐めても害はありません。乳幼児のいる家庭でも安心して使うことができます。従来の自然素材のワックスは無垢材や白木用にしか使用できませんでしたが、最近は合板フローリングやウレタン塗装用の自然素材のワックスも見かけるようになりました。
今回は、蜜蝋や亜麻仁油を主成分とするワックスを床に塗り、その使用感や効果を検証します。(蜜蝋はミツバチの巣を構成する蝋、亜麻仁油はアマという木の種子から採れる油)

床掃除02

① まず、床の汚れを落とします

ワックス

② このワックスは原液を水で30倍に薄めます

ワックス塗る02

③ 木目に沿って丁寧に塗ります

完成01

④ 30分位で乾きます

検証結果は?

見た目はギラギラとした艶ではなくしっとりと濡れているような感じで美しい。床を触ってみると手触りが柔らかく、汚れもつきにくい感じがしました。石油系のワックスはツンとした臭いがしますが、これは柑橘系のような香りがします。なによりも、自然素材という安心感があります。
地球と人に優しい自然素材のワックス。是非、使用してみてはいかがでしょうか。

エコポイント! 環境配慮と健康のために自然素材を選ぼう

自然素材のワックスを取り扱っている店(インターネット通信販売が主なお店です。店頭でご購入をお考えの方は、事前に電話でお問合せください。)
カラーバックス(有)   目黒区中目黒2-8-22   TEL 03-3712-7833

地図

カラーバックス