再発見!中目黒公園の魅力

公開日 2015-06-03

中目黒公園全景

ちょっと、他の公園とかわっている、という声もある中目黒公園は、
2002年金属材料技術研究所の跡地にオープンした区立公園です。
「こんな公園がほしい」「公園でこんな活動がしたいな」という、
区民のみなさんの声を採り入れながらつくった公園です。
目黒という都心に立地しながら、草花などの植物は農薬や化学肥料に頼らず、
昆虫その他の生きものも、みんなが棲みやすい自然を残した環境づくりを目指しています。
園内には「花とみどりの学習館」があり、”みどりの情報発信拠点”として
講座やイベントの開催、季節の展示も行っています。

 

 

中目黒公園の楽しみ方

【見る】

花壇黄色 花壇赤

園内には季節に合わせて、黄色、ピンク、白など色ごとに花を植えてある花壇があります。
蝶も蜜を吸いに集まってきます。幼虫を餌に狙って鳥たちも集まります。

ハーブティガーデン バラ黄色

園内を歩くと多くの種類のハーブも植えられ、ただよう香りに気持ちも安らぎます。
フラックス、カモミール、チェリーセージ、ラベンダー、クローブピンクなど、
花はもちろん香りも楽しめ、お散歩の足も軽やかになります。
色とりどりのバラの花は6月上旬頃まで楽しめます。

【味わう】

ティーサービス

毎月15日は、ハーブティーサービス(無料)!11時~12時/13時~14時30分(15日が休館日と重なる場合は14日に実施)。
お茶うけ等は材料費(数十円)をいただきます。
お散歩しながら、フレッシュなハーブティーと公園のめぐみを味わってみてはいかがでしょう。

ブドウ収穫

園内では、5種類のブドウが栽培されています。
ブドウは大変手間のかかる果樹で、毎月ボランティアの方々が学習館スタッフと一緒に作業してくださっています。
「公園の作業とブドウ収穫のお手伝い」に参加して、簡単な作業をしていただいた後、みんなで味見をします。
日時は決まり次第、園内ポスターやブログでお伝えします。(昨年は7月末から実施)

【参加する】

園内作業

毎月10、20、30日の10時~12時は公園作業日(休館日と重なる場合、活動はありません)。
学習館スタッフと一緒に草取りや花壇の管理などを行うボランティア活動です。
園芸がはじめての方におすすめのボランティア。
申込は不要ですので、お気軽にご参加いただけます。

花束

毎月1回程度、どなたでも参加できるイベントが開催されます(めぐろ区報に掲載)。
園内の植物を使ったクラフト作りや、季節行事を楽しむイベントなどを行っています。
5月は「香りを楽しむ花束作り」
カーネーションの原種「クローブピンク」を中心に、季節のハーブを組み合わせた花束(タッジー・マッジー)を作りました。

【遊ぶ】

芝生の上 木陰

芝生の上で体を動かして遊びましょう!
ピクニック気分でおいしい手作り弁当をいただくのも楽しみです。
のんびりと木陰で読書。読み疲れたらお昼寝・・・。

足つぼウォーキング

園内にはウォーキングコースもあり、健康づくりも兼ねて散策してみては。
玉石をならべて表面をでこぼこにした、足つぼ健康舗道があります。裸足で歩くと足つぼが刺激されて気持ちいい!

 

エコポイント! 植物は農薬や化学肥料は使用せず、草木の落ち葉は堆肥にして土に返しています。その土からまた植物が育ちます。
        昆虫が花粉を運び、その幼虫を狙って小鳥が集まるなど、自然の循環が都心の公園でもおこなわれています。

中目黒公園 
花とみどりの学習館 
開館時間:午前9時~午後5時
休館日:月曜日・年末年始(12/28~1/4)
(月曜日が祝日の場合は翌日が休館)
TEL&FAX:03-5721-0871
花とみどりの学習館ブログ

地図

中目黒公園