重曹でつくるアロマ消臭グッズ

公開日 2015-06-16

サシェいろいろ


気温や湿度が上昇してくると気になるのが臭い。下駄箱にある靴、水回りのほか、洗濯物を部屋干しする室内などは、特に臭いが気になります。加えて、家庭で自然発生したいろいろな臭いが交じり合った生活臭は、家族より遊びに来たお客様が不快に思うことがあるかもしれません。?

 

サシェ写真7cc


そこで!この夏は、いやな臭いを取って爽やかな香りで過ごしましょう。
重曹を使って、環境にも優しく、香りも楽しめ、さらにリラックス効果もあるという優れものの消臭グッズを中目黒のアロマスクール“ラグジュール”の香菜恵さんにご紹介いただきます。

 

アロマが香る“サシェ(匂い袋)”

“サシェ”は乾いたポプリやハーブなどを詰めて香りを楽しむ布の袋です。防虫や消臭のほか、緊張をほぐしたり、気分を明るくしたり、スッキリしたり…と香りによっては、いろいろな効果があります。
サシェの香りを選び、玄関先やトイレ、リビング、タンスの中、バッグの中など、置いた場所で香りの変化を楽しむのもいいですね。
今回は、重曹に精油を合わせたサシェを作ります。

精油とは?
植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもちます。
ポプリ用や芳香用など手軽に購入できるものもありますが、合成香料を使用しているものもあります。

消臭サシェ

【用意するもの】(2個分)

重曹 60g・お茶パック2枚・リボン・端布(20×20cm)2枚
精油【4種類:レモン(殺菌)、ティーツリー(虫除け・殺菌)、ラベンダー(防虫・安眠)
、ペパーミント(緊張緩和・酔止め)】などお好みでブレンド、合計20滴程度

【作り方】

サシェ写真 2
① 重曹60gをボールに入れます。
注意!
水分を含んで固まっている部分がある場合は、スプーンの背などで潰してさらさらにしましょう。
サシェ写真 3
② お好みの精油を1種類ずつ加えて混ぜます。
注意!
・精油のビンを振って入れると、入れすぎてしまうことがあるので 傾けて自然に1滴づつ入れます。
サシェ写真 4
③ ②をスプーンで2つのお茶パックに半分ずつ詰めます。
サシェ写真 5
④ 端布の端をピンキングばさみでカットし、中央に③を置き、包んで、リボンで縛ります。
サシェ写真 6

⑤ できあがり。

エコポイント:香りは2週間ほどで弱くなるので、お好みで精油を足してください。
サシェとして使い終えた重曹
は、お風呂やキッチン周り掃除、入浴剤として使えます。

消臭スプレー

衣類やカーテンなど匂いが気になる場所にシュッとスプレー。防虫効果のある精油【レモンユーカリ(スッキリ・消臭)やゼラニウム(ストレス解消など)】を使ったスプレーは、網戸の掃除に使うのがおすすめです。

【用意するもの】

水50cc、重曹(耳かき一杯)、精油5滴

【作り方】

サシェ 9_ccc
① スプレー容器に水→重曹→精油の順番で入れましょう。
消臭スプレー1
② よく振って馴染ませたら、できあがり。

夏を気持ちよく過ごす、自分だけの香りを見つけませんか?

監修:  アロマスクール“ラグジューム” (JAA日本アロマコーディネート協会認定) 
     東京都目黒区上目黒1-19-5 七幸ビル6階 / 電話:03-6452-4303
         

地図

アロマスクール ラグジューム