空き箱でキッチンを楽しくしませんか?

公開日 2015-07-28

雑然となりがちなキッチンを、使いやすく、心地良いスペースにするためには、日頃から 「ちょこちょこ収納」「ちょこちょこお片づけ」を意識することが大切とおっしゃる、整理収納アドバイザーのもろおえりさん。 一気に片付けると大掛かりになってしまう整理収納も、「今日はこのスペースをきれいに、美しくしよう」と心がけることで、少しずつ居心地のいいキッチンになっていくそうです。もろおさんにご協力いただき、早速、今日からでも採り入れたいめぐろスマートライフ的収納術をご紹介します。

台所

キッチンでも空き箱が大活躍

キッチン1
シンクの上の開き戸

写真のように、シンク上の開き戸の棚は、よく使う調味料とオイルポットのコーナーが箱で整理されています。ここで使用した空き箱は、頂きものの食器の箱。空き箱の蓋を逆さにして重ねると強度が増します。汚れを防止するため、箱の底には新聞のチラシなどを敷きましょう。調味料やオイルがたれてチラシが汚れてきたら、きれいなチラシに換えましょう。棚の掃除の手間が省けますよ。

キッチン2
シンクの下の開き戸

麦茶などを入れる高さのある容器(冷水筒やピッチャーなど)の内側を洗う専用ブラシは、長さがあり、シンクの周りに収まるスペースがなくて困っていましたが、たまたま頂いたオリーブオイルの空き箱が長さも、ブラシを入れた時の安定感も丁度良い感じでした。ブラシの収納場所は、シンクの下の開き戸の蝶番の横に決定。引き出しの開閉の邪魔にならないぴったりなサイズです。

キッチン3

この引き出しでは、空き箱で仕切りをし、各収納場所を配置しました。手前は、フライパンなどを使ったあとの油や調味料を拭くキッチンウエスが洗剤の空き箱に入っています。真ん中の箱は、牛乳パックにペットボトルキャップが収まっています。洗剤の箱や牛乳パックは、内側に防水加工が施されているので、ちょっと水滴がついているものを収納しても問題ありません。空き箱も選んで使うと用途が広がります。牛乳パック隣のお菓子の箱には、夏になると活躍する保冷剤、奥には資源回収の日までの空のペットボトルと開いた牛乳パックの収納場所になります。

エコポイント!着なくなったTシャツなど綿素材の服などをハサミで切ってキッチンウエスを作っておきましょう。
キッチンペーパーなどの使用回数が減り、油や調味料を下水道に流さないなど、地球にやさしい行動につながります。

使う頻度が高いものを収納

キッチン4

紅茶のティーバックやステックコーヒーは、引き出しなどに入れてしまうと忘れて賞味期限が過ぎてしまうことがあるので、日頃から目に留まる場所にあるといいですね。小ぶりの空き箱に、形状が同じ物を立てて収納すると、見た目もきれいで、お茶の銘柄が選びやすくなります。

キッチン5

普段使いの小さなスプーンもすぐ手に取れる場所にあるといいですね。空き缶にお気に入りの包装紙などを貼るだけで、かわいい収納場所ができました。

モノの整理は、ココロの整理 今日も心地良い一日を」
協力:もろおえりさん(目黒区在住・整理収納アドバイザー1級)