防災ビスケットで簡単ティラミス(備蓄食材を使ったレシピ③)

公開日 2015-08-31

目黒区内の防災訓練に参加したら、消費期限の迫っている防災ビスケットが配られました。
そのまま食べてもおいしいのですが、家にある材料で作れる簡単ティラミスを作ってみました。

防災クッキーでティラミス

防災クッキー

【材料】(2人分)
   防災ビスケット 2枚
 湯 カップ 1/4
 インスタントコーヒー  小さじ1
 マスカルポーネチーズ(無い場合は※焼きヨーグルトで代用できます) 15g
 砂糖 小さじ1
 バナナ 1/2本
 ココアパウダー 小さじ1/2

【作り方】
 ① マスカルポーネチーズ、砂糖を合わせておきます。
 ② 湯にインスタントコーヒーを溶かして、その中にビスケットを約10~15分間浸たします。
コーヒーシロップに浸す

③ ビスケットに①を塗り、バナナのスライスをのせてココアパウダーを振りかけます。
  ビスケットと①を2段に重ねてもよいでしょう。

 

※焼きヨーグルト
  プレーンヨーグルトに熱を加えたものは、バター、生クリーム、チーズの代わりに使えます。
  冷蔵庫で約2週間保存できます。低カロリーで低価格ですむのも嬉しいですね。
 

[材料]
プレーンヨーグルト1パック(400g)

[道具]
ボウル
ざる
キッチンペーパー
直径15cmの耐熱容器 グラタン皿 ココット皿など

[作り方]
① ボールの上にざるを乗せてキッチンペーパーを敷きます。その中にヨーグルトを入れて約1晩水きりをします。
 ボールにたまった液体は「ホエー」といい、高タンパク質で低脂肪、免疫力を高めてくれる液体です。
 ドリンク作りやホットケーキやパンケーキの水分として使えます。 ※ホエーは飲む美容液とも言われてます。
水切りヨーグルト ボールに溜まった液体がホエーです。

② 耐熱容器に移し、オーブンで170℃で約30分間焼きます。余熱で熱を通すとより固く仕上がります。
  塩分やオイルを加えてお料理に、シロップやフルーツを加えればスイーツ作りに使えます。
焼き上がり

ホエードリンクと! ホエーに蜂蜜とレモンを加えたドリンクも一緒にどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

海江田先生の食材メモ:ヨーグルトに含まれる乳酸菌は50℃で死滅しますが、その菌は腸内の善玉菌のえさとなり活性化します。善玉菌が元気だと腸内環境もよくなり、免疫力もアップし便秘も防ぎます。

レシピ監修:海江田 佳子(かいえだ けいこ)先生
                  (栄養士、食育インストラクター、健康管理士、エコ・クッキングナビゲーター)