和布であそぼう!「2色使いのショール」と「簡単トレー作り」

公開日 2015-11-05

帯のトレー  ショール巻き方③

たんすに眠っている着物や帯はありませんか?
また、親が着ていた思い出のある着物などで、なかなか処分できないものなど…
着物を洋服にリメイクするのは難しそうですが、小物なら簡単にできます。
しまっておいても着物や帯がかわいそう。リメイクして身近な生活の一部に、またファッションの彩りに加えてみてはいかがでしょうか?

着物地で作る「2色使いのショール」

ショールの作り方①
① 袖部分の布を使い中表に合わせます
(ここでは、表を白地の小紋、裏を紫の無地を使用)
ショール作り方②
② 2枚一緒にショールの首回りとなる箇所を切り取ります
ショール作り方③
③ 外回りを縫い、表に返してアイロンをかけます
 (表側)
ショール作り方④
(裏側)
ショール作り方⑤
④ 端の部分を折り返して輪を作り縫います
ショール巻き方①
⑤完成  輪の部分に布を通します
ショール⑦
輪に通す分量を変えるだけでも変化が
楽しめます
ショール巻き方③
布端を更に首に回すと布幅が広くなります

 

帯地で作る簡単トレー

帯のトレー開く
帯幅より縫い代分2cm程度長く切って、切った部分を布の裏側に折り、表から布端に1周ミシンをかけます。(帯の端を使えば一辺だけを折り返すだけとなります)
帯のトレー四角を結ぶ
四角く出来たら、アイロンで4方に折り目を付けてスナップボタンを打ち付けたり、リボンを縫いつけて角を止めています。布の折幅などは好みにして下さい。

 制作:ショール・・・杉野服飾大学 田原美津子先生
    トレー・・・杉野服飾大学  宮澤光与先生