豆乳鍋 シメはカレーうどんで!

公開日 2019-01-28

鍋料理は調理器具が要らず、材料は切るだけ。お部屋も身体もポカポカになるエコで時短の調理法です。
今回は人気の豆乳鍋をご紹介します。お鍋の素を使わずに簡単にしかも本格的なお味になります。
シメは子どもから大人まで大好きなカレーうどんにしました。

豆乳鍋

材料

【材料】(2人分)
豆乳 400ml
水 400ml
ペースト状中華スープの素 大さじ2(なければ顆粒でも可)
豚バラ肉 約200g
白菜(小) 1/4カット
水菜1わ
油揚げ 1/2枚
きのこ(椎茸、しめじ、舞茸、えのきなど合わせて100g)
ネギ 1/2本
人参 30g
豆腐 1/2丁

シメのカレーうどん
うどん 1玉
カレーパウダー 大さじ1

【作り方】
1. 鍋に水400mlにペースト状のスープの素を入れる。
2. 野菜・きのこ類と豆腐を入れて強火で具材を煮てから豆乳を入れる。

完成
3. 中火にしてから野菜が煮えた鍋に豚バラ肉を入れる。
4. 鍋から吹きこぼれないように弱火にして肉に火が通ったらいただけます。

カレーうどん
5. 具を食べ終わったら、カレーパウダーで味を整えてうどんを入れて煮る。
※香辛料で好みの辛さに調節する

海江田先生の食材メモ
身体を温める陽性の食材は土の中に育つものです。しょうが、人参、ごぼう、カブ、レンコンなど。
また、ユリ科の食材も身体を温めます。ネギ、玉ねぎ、ニラなどです。
これらの食材をお鍋に入れれば身体がポカポカになります。

レシピ監修:海江田 佳子(かいえだ けいこ)先生
                  (栄養士、食育インストラクター、健康管理士、エコ・クッキングナビゲーター)