暖房器具は組み合わせて賢く使おう!①

公開日 2016-12-05

みなさんは冬場にどんな暖房器具を使っていますか?
暖房器具にはそれぞれ特徴やメリット、デメリットがあります。そうした点を理解して自分のライフスタイルや目的に合った使い方をすれば節電につながります。
まず、下の表で普段使用している暖房器具の消費電力と電気料金を確認してみましょう!! (あくまでも目安とお考えください)
※1マンションの6~8畳の部屋を想定しています。
※2器具は中程度の能力での使用を想定しています。(器具によって消費電力に差があるので注意してください)
※電気料金は1kw/27円で計算しています。

器           具

特     性 消費電力
(1時間当たり)
電気料金
(1時間当たり

1kw/27円で計算)  

1日12時間使用した
  場合の1か月
   電気料金

こたつ
電気コタツ
主に下半身のみの暖房であり、
部屋全体が暖かくなることはない。 
 
200w/h

6円

    2,160円   

電気ストーブ  
 電気ストーブ

すぐ暖めることはできるがスポット的な
暖房効果であり、部屋全体を暖めるには
適さない。
800W/h    22円     7,920円

オイルヒーターr 
 オイルヒーター 

静かで部屋の空気を汚さず、安全性も高いが、
自然対流で暖めるので部屋全体を暖めるには
時間がかかる。 
 
900W/h

    24円

     8,640円
電気カーペット
  電気カーペット
使用するカーペットの面だけ暖かくなる。
部屋全体を暖めるには適さない。
320W/h    9円       3,240円
エアコン
    エアコン
消費電力に比較して暖房効果は高いが、
部屋全体を暖めるには時間がかかる。
480W/h  13円     4,680円

エアコン
加湿器

単独での暖房効果はないが、他の暖房器具
との併用で暖房効果を高めることができる。
100W/h 3円

    1,080円