ミニマリストからシンプルライフを学ぶ

公開日 2017-06-15

2015年の新語・流行語大賞にもノミネートされた言葉・・ミニマリストを みなさんはご存知でしょうか?
身の周りの余分なものをそぎ落とし、最低限必要なもの(ミニマル)だけで生活している人たちのことです。
その生活ぶりは徹底して余分なモノを持たず、生活全てに無駄がありません。究極のエコ生活を実践しているのです。
シンプルスマートライフを実践する上でこのミニマリストの生活から学ぶことがありそうです。

シンプルライフ

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』の著者 佐々木典士氏 は著書の中でこう書いています。
「かつては自分は汚部屋の住人で増えていったモノに圧倒され、エネルギーを使い果たしていた。いくらモノを集めても足りないものばかりが目についてしまい、不満と不幸ばかり感じていた。モノを捨て始めたら、自分が変わっていくのがわかった。本当に必要なものが見えてくる」

豊かになると思って手に入れたモノたちのせいで不便や不幸を感じるなんて空しくなりますね。

いきなりミニマリストをめざしましょう!というわけではありません。もし、普段から多くのモノに囲まれてその為に不自由さや不都合さを感じているなら今がチャンス!です。
とりあえず、一番片付けたいところから始めてはいかがでしょうか? 一か所が終わって、清々しい気持ちになって合理的に物事が進めるようになったら、次々に進めたくなるでしょう。
どこから手をつけてよいか分からないという方は小さなスペースからはじめましょう。例えば、玄関周りや洗面台の棚の中など、いつも目にしているところだと片付けられたという達成感がすぐに味わえます。小さな達成感を積み重ねていくと部屋全体からさらに家全体に広がっていきます。

もし、どうしても捨てられないもの、使うものだけど、どのように片付けてよいかわからない方は「空き箱を使って、かんたんキレイなお片づけ」「空き箱でキッチンを楽しくしませんか?」を参考にして、気持ちよく使えるように収納してみてください。

片付け

「シンプルライフ」から得られることはたくさんあります。

・モノを選ぶときに厳選に厳選を重ねるので、衝動買いをしなくなります。
・お部屋はいつもすっきりしているので、掃除が簡単で素早く済みます。掃除機を使う時間が短いので省エネになります。
・エアコンや暖房の効きがよくなります。
・お店が家の倉庫と考えてストック品を置きません。備蓄食料もローリングストック法で定期的に入れ替えます。在庫を常に把握できるので食品ロスもでません。
・物がなくすっきりした部屋に住んでいると、思考に集中できて効率のよい家事、仕事ができます。
・モノを探す労力や時間がなくなります。

思い切って不用なものを処分し、すっきり快適な生活を手に入れましょう。
ただ、処分するのはどうしてももったいない、という方は必要な人にまた使ってもらうのはいかがでしょうか?
目黒区エコプラザ リサイクルショップでは不用になった、衣類、日用雑貨、おもちゃなど寄付品を受付けています。予めこちらをご覧になってからお持ち下さい。 

参考書籍
『ぼくたちにもうモノは必要ない。』   発行: ㈱ ワニブックス 佐々木 典士 著