油面の菜の花まつり

公開日 2018-02-15

油面の菜の花まつりにでかけてみませんか?4月に開催!

初めて「油面」という地名を見た人は、なんて読むのだろ? どういう由来の地名なのか?不思議に思うはずです。実は江戸時代にはこのあたり一帯は菜の花栽培が盛んで、搾った菜種油を芝の増上寺や関連する祐天寺の灯明用として奉納していました。そのため、絞油業に対する租税が免除されたことから「油免」、それがいつしか「油面・あぶらめん」という地名になったと伝えられています。この地域にある油面公園では昨年から、「菜の花まつり」が開催されています。今年の開催予定は、4月8日(日)です。

昨年の菜の花まつりの様子  菜の花をバックに和太鼓の演奏が披露されます

昨年の菜の花まつりでは、油面児童館の太鼓クラブが威勢のいい和太鼓を披露。続いて「レイジーハスラージュニア」がヒップホップダンスで会場を盛り上げてくれました。会場内のテーブルには菜の花の花瓶を配置し、模擬店では菜の花スープも作られて好評でした。フォトコーナーでは菜の花の前で親子が記念写真を撮る姿も見られ終始なごやかな雰囲気の中でみなさん楽しまれていました。

テーブルにも菜の花
菜の花に囲まれた会場(昨年の様子)
リユース食器
リユース食器を使ってごみを減らします

当日は模擬店などであたたかい飲み物なども提供されますが住区の生活環境部ではマイカップの持参を促しています。また、昨年の『エコまつり・めぐろ』で学んだリユースマグカップを利用したり、エコステーションを設置してごみの分別をするなど、来場者へのエコを呼びかけるようです。

菜の花まつりの問い合わせは油面住区センターまで。Tel. 03-3719-0894

署名

                                   

地図

油面公園