体の熱を下げ、さっぱり・ひんやり、食べたくなる清涼感ある夏料理①

公開日 2018-07-02

スプラウトをご存知ですか?スプラウトは「芽もの野菜」とも呼ばれるように、発芽したばかりの新芽のこと。成熟した野菜よりはるかに多くのビタミンやミネラルなどの栄養分を含み、体にいい成分がいっぱい詰まっています。そんなスプラウトを添えて爽やかに盛り付け、食欲が落ちる夏場を乗り切りましょう!!

薄切り鶏焼きミックススプラウトサラダ

薄切り鶏焼きミッツクススプラウトサラダ 

薄切り鶏焼きスプラウトサラダ 材料

【材料】 (2人分)
鶏むね肉 1枚
トマト 1個
新玉ねぎ 1/2個
みょうが 1個
ナッツ(お好きなもの) 2かけ
スプラウト(お好きなもの)
 <レッドキャベツ/ブロッコリ-/マスタード/ルッコラ/クレス>
(A) マスタードドレッシング
すりおろし玉ねぎ 大さじ 1
酢        小さじ 1
粒マスタード   小さじ 1
ねり辛子     小さじ 1/2
塩・こしょう 少々

【作り方】
1. 鶏むね肉をできるだけ薄切りにして、塩こしょうをし、小麦粉をつけフライパンで焼きます。
薄切り鶏をフライパンで焼く
2.トマトと玉ねぎは薄切りにして、玉ねぎは水にさらしておきます。
3.お皿にトマト、玉ねぎ、焼いた鶏肉、スプラウトを盛り付け(A)のドレッシングをかけ、みょうがの薄切り、砕いたナッツをのせて出来上がりです。

海江田先生の食材メモ
鶏むね肉は、低脂肪・低カロリー・高タンパクな食材で、疲労回復に顕著な効果があり、抗酸化作用にも優れています。疲労によってサビてしまった細胞を回復させるためにも日常的にも安価で、利用し易い食材と言えます。

エコポイント!!
 肉類の料理では、極力薄切りにすることで、焼き時間(約40秒)、エネルギーの消費も少なく、料理の出来上がりの時間も節約でき、むね肉を利用することで、安価に出来上がります。

レシピ考案:海江田 佳子(かいえだ けいこ)先生
 (栄養士、食育インストラクター、健康管理士、エコ・クッキングナビゲーター)