自由研究にもオススメ!「大根の葉リボベジに挑戦(捨てる野菜の再利用)」

公開日 2018-07-18

リボベジとは、再生野菜(リボーンベジタブル)の略語です。購入した野菜を何度か再生することで、ごみの削減にも繋がり、キッチンの緑に癒され、手軽に栽培できるのがリボベジです。今回は、大根の葉です。

大根3日目 

1. 大根の葉がついている部分を普段より大きめに(3cm以上)切り落とします。切り落とした大根は、葉部分を上にして、水を入れた皿などに大根が1cm位ひたるように水につけます。

大根6日目 

2. 6日目:小さな緑の葉っぱが出てきました。大根は、明るく、なるべく風通しの良い場所に置きましょう。 

大根12日目 

3. 12日目:大きな葉っぱになりましたね。

大根24日目  

4. 24日目:さぁ~収穫して、食べる時期です。


※ 大根以外に人参や豆苗、小松菜などができます。いろんなリボベジにチャレンジしてみましょう。めぐろスマートライフ「楽しい、おいしい、エコ!リボベジ(再生野菜)生活はじめませんか?」の記事をご覧ください。


 

 栽培ポイント:常にきれいな水で育てましょう。暑い夏は菌が繁殖しやすいので、最低でも1日1回は、水を替えましょう。

  エコポイント:通常捨ててしまう野菜の根っこやヘタ部分を使うリボベジ。水だけで栽培する手軽さが魅力です。

せいめいくんアイコン