簡単ですぐできる! 冬の窓辺の防寒対策グッズ

公開日 2018-12-07

冬の家

住宅の室内で、窓が一番暖気を逃し冷気を取り込んでしまう場所ということをご存知ですか。冬の暖房時に、窓などの開口部で約58%外に熱が逃げてしまうといわれています。(※)
窓の防寒対策として簡単にすぐできて、ホームセンターなどで購入できる窓辺の防寒対策グッズを紹介します。


窓ガラス断熱シート〈プチプチタイプ〉
窓に貼るシート状の断熱材です。透明のものや半透明の気泡シート(プチプチタイプ)のものが多く販売されています。窓に水の霧吹きをして張り付けるだけと、使い方も簡単で、サイズも色々あり、取り入れやすい断熱方法の一つと言えます。

断熱シート〈プチプチタイプ〉

窓ガラス断熱フィルム〈透明タイプ〉
窓に貼るだけで二重ガラス構造が作れる透明フィルム。暖房効果を高めてくれるだけでなく、内側の結露の発生も抑えてくれる効果も。透明度が高く、サッシに両面テープを使用して貼るので、凹凸ガラスの窓にも対応可能です。

窓の断熱フィルム

結露吸水断熱パネル
窓の下側に貼るだけで外の冷気をブロック。結露で流れてきた水滴をこのマットが給水するので、床やカーテンが濡れてカビが生えるのを防止してくれる効果も。凹凸ガラスにも貼ることができます。

結露した窓       吸水パネル

 

その他にも、窓際に置いて窓からの冷気が部屋に広がるのを防ぐパネルや、窓や雨戸のすきま風を防ぐテープなどもあります。今年の窓辺の防寒対策は、簡単ですぐできるグッズを活用して、エネルギーを少しでも節約しながら、暖かく過ごしたいですね。

ノーサイド


※出典:資源エネルギー庁 「省エネ性能カタログ2016夏」
  参考:【機種依存文字】二トムズ まどエコR