スマートムービング・もっと自転車を!   

公開日 2019-03-08

 
tyarib
 
tyaria
 
tyaric
 
地球温暖化の要因である温室効果ガス。その一つであるCO2(二酸化炭素)の日本における排出量の約18%は人や物の移動に伴うものだと言われています。人が1km移動するために、自家用車で141g、バスで67g、電車で20gが排出されるそうです。(出典:国土交通省
そのような中で自転車は「CO2排出量ゼロ!!」あらゆる交通用具の中でもっとも環境によい乗り物ですね。その上、排気ガスもゼロ、騒音もほとんど出さないし道路への加重負荷も小さい、そして健康増進にももってこい! 
先進国では、自動車の利用を抑制し自転車利用を増やそうと、自転車のための環境整備が進んでいます。わが国でも最近まで自転車は歩行者からも自動車からも邪魔にされる肩身が狭い乗りものでしたが、環境意識に支えられて徐々にですが駐輪施設や専用道路の整備が進みつつあります。

自転車による移動はこのような環境・健康上のメリットばかりでなく、歩くよりも移動範囲が広がる、移動途中で新たな発見をする機会が増える、交通渋滞に巻き込まれにくいなど良いことがいっぱいです。
そしてある程度の距離だと電車やバスより早く移動できる場合もあります。
こんなに便利で快適で環境や健康に良い自転車、移動手段としてカッコよくスマートに使いたいものですね。
レッツスマートムービング!!

一方、違法な自転車の駐車や、信号無視といったマナーの悪さも指摘され、自転車が加害者となる交通事故も増えています。道路交通法では自転車は「軽車両」ですので (1)自転車は、車道が原則、歩道は例外 (2)車道は左側通行 (3)歩道は歩行者優先 など交通法規・ルールを守ってスマートに走りましょう!
(参照:目黒区「知っていますか?自転車の交通ルール」)

エコポイント右

春のお花見にスマートにエコな乗り物「自転車」で出かけてよい汗をかきましょう。おすすめのコースは「春・ゼロエミッションのミニトリップへ!」をご覧下さい。

                                                                                                                                                                      せいめいくんアイコン